アートスペース油亀 展覧会情報
■news!!  アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」 
会期 : 2016 年11月19日(土) → 12月4(日)の16日間  open 11:00 → 19:00 入場無料 展示替えのため、22日(火)29日(火)は休廊 作家在廊日 : 11月19日(土)20日(日)
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」 
会期 : 2016 年11月19日(土) → 12月4(日)の16日間 
open 11:00 → 19:00 入場無料  
展示替えのため、22日(火)29日(火)は休廊 

会場:アートスペース油亀 
住所:〒700-0812 岡山市北区出石町2丁目3-1 

お問い合わせ:086-201-8884
■■■ 作家在廊日 ■■■ 
11月19日(土)20日(日) 

これまでの展覧会

アートスペース油亀 展覧会情報

2013年11月16日(土)〜12月1日(日)open11:00 close19:00、入場無料
※11月21日(木)28(木)は展示替えのため休廊 

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「アフタヌーン」


アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

■11月28日(木)14:oo〜15:oo

OHK岡山放送「エブリのまち」に出演いたしました。

「芸術の秋」で八木橋昇さんの作品をご紹介いただきました。

エブリのまち

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

思わず、触れたくなる美しさ。
 
その佇まいに、息をのみました。気がつけば、触れていたんです。
そっと手を添えて。繊細さの中には、凛とした強さがありました。
ただ美しいだけではない、「芯」を感じたこと。今でもはっきりと心に刻まれています。
あれは、いつのことだったでしょうか。
ポットやカップを準備して。お皿にお菓子を盛り付けて。
子どもと午後のお茶を楽しんだ、冬の昼下がり。
確かに胸に感じたんです。
八木橋昇のうつわは、まるで絵画のような・・
例えていうなら、静謐の世界を生み出すと。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より耐熱のうつわや、スープマグ



 
概要

 

展覧会名:アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「アフタヌーン」

 

会期:2013年11月16日(土)〜12月1日(日) 16日間  ※11月21日(木)28(木)は展示替えのため休廊

open11:00 close19:00 入場無料

 

会場:アートスペース油亀 〒700-0812 岡山市北区出石町2-3-1 

お問い合わせ:086-201-8884 担当:柏戸


■作家の在廊日

2013年11月16日(土)、17日(日)


■展覧会Webサイト

http://www.aburakame.com


■展覧会ブログ

http://m0m0kame.blog134.fc2.com/

展覧会の舞台裏!詳細・最新情報を随時更新中です!


■Facebook

facebookページにて、随時情報発信中。

「アートスペース油亀」でご覧になれます。

http://www.facebook.com/aburakame


■出品作品のご紹介

「彼のうつわは、まるで絵画のようだ」
時に、八木橋昇の作品はこのように称されてきました。
蹴ろくろで生み出されたうつわのカタチは、独特の存在感を放っています。

今回の展覧会では、午後のお茶にぴったりなティーポットやカップ&ソーサー、デミタスカップ、クリーマーやケーキディッシュ、
冬に食べたくなる鍋料理のために、キャセロール(洋風鍋)や土鍋、心も温まる陶製のミルクパン、
熱々のグラタンがぴったりなオーブン鉢などの耐熱陶器も登場します。
その他、盛鉢や飯碗、スープマグ、ピッチャーや小鉢、そばちょこ、ボウル、水差し、花器などなど。
冬の食卓に彩りを添える珠玉のうつわ約5oo点が勢ぞろい!今回だけの一品作も多数含みます。
 
世に美しいうつわは数あれど、普段の生活で使うことをためらう物が多いのが現状です。
しかし、八木橋昇のうつわはそれらとは一線を画します。
美しさと使いやすさを兼ね備えたうつわたちは、使い手の午後に華を添えてくれるでしょう。
 アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より
 
 
 
冬を彩る、耐熱のうつわたち。
 
北風が、ヒュルヒュル吹いてきた。身体が寒いと言ってきた。
手には手袋、足には毛糸の靴下を。そんな冬の始まりには、うつわの衣替えを始めましょう。
かわいいキャセロールを、コトコトコト。火にかけて、野菜たっぷりの、美味しい煮込み料理を作ります。
ミルクパンには茶葉とスパイス。熱々のチャイを作ります。
出来上がったらカップやシチュー鉢に注ぎましょう。
冷えた身体も、あっというまに、芯からポカポカです。
さあ、今日もとっておきの「冬ごはん」を召し上がれ。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より耐熱のうつわや、スープマグ
 


■■■ 作家プロフィール ■■■

八木橋昇(Yagihashi Noboru)
滋賀県甲賀市在住 

1961年 栃木市生まれ 
1986年 多摩美術大学絵画科卒業
      栃木県小砂にて修業、土踏み、蹴轆轤を学ぶ
1989年 滋賀県信楽にて修業
1992年 信楽にて築窯
2013年 アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「アフタヌーン -Afternoon-」個展・開催
2016年 アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」個展・開催

全国伝統的工芸品公募展
日本商工会議所会頭賞 受賞
日本伝統工芸近畿展 入選 
信楽陶芸展 入選
 
 
 
 
 
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より
 

 

■期間中の特別イベント
 
特別企画 土日限定。ティールーム「ノワイユ」
 
 

期間中の土日は、
油亀特設のティールームにて選りすぐりの紅茶と極上のお菓子が楽しめます。

紅茶はかぐわしい香りにうっとり。
ムレスナティーのフレーバーティーが登場。

 
さらに!
広島でパティシエとして大活躍。
mobile sweets You.Ichiのサガワユーイチさんの絶品三種のお菓子「プティフル」が、油亀にやってきます。
 

今回の展覧会のために、
八木橋昇作品をイメージして作りあげました。ぜひご堪能ください。
 
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より三種のお菓子「プティフル」by mobile sweets You.Ichi
 


イベント名:ティールーム「ノワイユ」
開催日:期間中の土日→ 11/16(土)、17(日)、23(土)、24(日)、30(土)12/1(日)
 
開催時間:11:00〜19:00

紅茶と「プティフル」のスペシャルセット 800円 ご予約は不要です。
 
また、会場ではシュトーレンやマカロンの5食組など、お持ち帰りスウィーツもご用意いたします。
 
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より三種のお菓子「プティフル」
 
 

■油亀スタッフが綴る展覧会の舞台裏
  作品情報をリアルタイムにお届けします。

「油亀ジャーナル」 油亀スタッフが綴る展覧会の舞台裏!!  

 

 アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

 

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」よりアートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

 

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

 

■油亀スタッフが、八木橋昇さんの工房を訪問しました。

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」よりアートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

 
 

 


■News 

■うつわのお修理、金継ぎ(きんつぎ)を賜ります。
長い年月を共にすると、気をつけていても、うっかり欠けたり、落として割れてしまううつわたち。
出会って、使い込んで、なくてはならない存在になったうつわも、形あるものいつかはこわれるものです。
 
でもね。
こわれたら終わりでは、あまりにかわいそう。
日本人は昔から、ものを大切に、繕いながら使ってきました。
うつわには金継ぎや漆つぎという、お直しの方法があるんです。
 
アートスペース油亀のうつわ修理 金継ぎでうつわのお直しを賜ります。 
 
油亀で選んでいただいたうつわは、何年でも使っていただけるように
欠けても割れても、こなごなでも、金継ぎでお修理します。
金継ぎは高いというイメージがありますが、大丈夫。
材料代程度でお直しが可能です。
 
ヒビ、欠け、水漏れなどもご相談下さい。
破片が無くなっていても、お直し可能です。
お持ち込みのうつわの修理も賜ります。
 
お直しの方法・うつわの状態など、スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

 

 

inserted by FC2 system