アートスペース油亀 展覧会情報
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」 
会期 : 2016 年11月19日(土) → 12月4(日)の16日間  open 11:00 → 19:00 入場無料 展示替えのため、22日(火)29日(火)は休廊 作家在廊日 : 11月19日(土)20日(日)
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」 
会期 : 2016 年11月19日(土) → 12月4(日)の16日間 
open 11:00 → 19:00 入場無料  
展示替えのため、22日(火)29日(火)は休廊 
会場:アートスペース油亀 
住所:〒700-0812 岡山市北区出石町2丁目3-1 

お問い合わせ:086-201-8884
■■■ 作家在廊日 ■■■ 
11月19日(土)20日(日) 
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
夜の食卓を彩る、八木橋昇のうつわたち。
八木橋昇昇の陶製ランプシェード。
レースのような波々のカタチ。
テーブルを優しく照らします。

お茶を片手に読書がしたくなります。

油亀マップと周辺の駐車場のご案内です。

■油亀スタッフが綴る展覧会の舞台裏
  作品情報をリアルタイムにお届けします。

 


アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」  八木橋昇の土踏み 120kgの土を、全身を使ってブレンドしながら作り上げる八木橋昇。 土練機などの機械で練られた土には出せない味わいが生まれます。  「一度焼いてしまえば、もう元の土には戻らない。」と話す八木橋昇。 土踏みは、土と向かい合った自分の原点、初心に戻る作業でもあるのです。
八木橋昇の土踏み
120kgの土を、全身を使ってブレンドしながら作り上げる八木橋昇。
土練機などの機械で練られた土には出せない味わいが生まれます。
「一度焼いてしまえば、もう元の土には戻らない。」と話す八木橋昇。
土踏みは、土と向かい合った自分の原点、初心に戻る作業でもあるのです。
■■■ はじめに ■■■ 
アートスペース油亀では11月19日より、八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne- 」を開催いたします。
滋賀県信楽の陶芸家、八木橋 昇(やぎはし のぼる)。
圧倒的な造形力で魅了した油亀での初個展「アフタヌーン -Afternoon-から3年、ますます磨きをかけた「実用美」
それは、思わず触れたくなる美しさです。
美しいと称されるうつわは、日常使いにすることをためらってしまうもの。
そんな中、八木橋昇のうつわは「美」と「実用」を兼ね備えた珠玉の逸品といえるでしょう。
陶芸をはじめて今年で30年。
その記念すべき年に、八木橋昇の陶芸を確かめる機会となる個展を開催いたします。
本展では、寒い冬に大活躍。 キャセロールやミルクパン、片手鍋、グラタン皿などの耐熱陶器
夜のティータイムにぴったりなポットやカップ&ソーサー
ピッチャーやフリーカップ、プレート作品、鉢作品
酒器、花入れ、ボウル等。 冷えた身体を温めてくれるうつわたち。
毎日の晩ごはんが楽しみになるうつわ、700点超が勢揃いいたします。  
特別イベントとして、初日の11月19日には八木橋昇を囲んだ「キャセロールパーティ」を開催いたします。
彼の耐熱陶器の特長を活かした特製のあったか料理をご堪能ください。
また11月23日、26日、27日の3日間は、東京で活躍するomi(オミ)さんの焼菓子を
八木橋昇のうつわ作品で楽しめる「カーフェ・ノクターン」 を開催いたします。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
■■■ 今夜はどんな夢をみよう。 ■■■ 
なんだか月がきれいだったよ。
それならちょっと、夜更かし しようか。
耐熱ポットを火にかける。
青く、赤く、ゆれる 炎。 
やさしい湯気に曇った窓。
星空を見てると夢見心地なんだって。
ゴッホは言ったらしいけど。
寒い季節は、ホットワインも良い心地。
八木橋昇のあたたかいうつわ。
今夜はどんな夢を見よう。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
■■■ 作品点数と内容 ■■■ 
今回の展覧会では、寒い冬に大活躍。 
キャセロールやミルクパンや片手鍋、グラタン皿などの耐熱陶器。 
夜のティータイムにぴったりなポットやカップ&ソーサー。 
ピッチャーやフリーカップ、大皿、中皿、小皿、大鉢、中鉢、小鉢。 
酒器、花入れ、ボウル等。 
冷えた身体を温めてくれるうつわたち。 
毎日の晩ごはんが楽しみになるうつわ、約700点が勢揃いいたします。 


美しいと称されるうつわは、日常使いにすることをためらってしまうもの。 
そんな中、八木橋昇のうつわは「美」と「実用」を兼ね備えた珠玉の逸品といえるでしょう。 
彼のうつわを手に取り、料理を盛りつけ、食事をする。 
それは最高の日々の贅沢なのかもしれません。 
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
■■■ 八木橋昇作品のご紹介 ■■■ 
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」   アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
写真左)八木橋昇の丸ポット。新色の黄化粧。色の濃淡が、月面のように美しい。抜群の水切れ。フタののつまみの造形にもご注目!
写真右)八木橋昇のマグカップ。幾層にも重なる青と蒼。星月夜を想わせる八木橋昇の黒呉須。誰もが思わず手にとる魅惑の色です。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」   
八木橋昇のドリッパー。陶器のドリッパーをしっかりと温めて。丁寧に淹れる一杯の珈琲。夜更かしをちょっと贅沢にする魔法のアイテム。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の青白7.5寸平鍋。煮込みも蒸し物もおまかせあれ。弱火でコトコト。厚いボディが素材の旨味をじっくり引き出す優れもの。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」   アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
写真左)八木橋昇の耐熱グラタン鉢。あつあつのグラタン。キツネ色の焦げ目がついたら、そのままテーブルへ!おしゃれな夕食のはじまりはじまり。
写真右)八木橋昇の耐熱グラタン皿。今夜はひとり晩ごはん。ミニ鍋か、湯豆腐か。直火OKの八木橋さんのうつわなら、簡単メニューでもきちんと料理に。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の土鍋シリーズ
大鍋 小鍋 特大鍋。
寒〜い冬のご準備に。

八木橋昇作品、土鍋がこんなに選べるなんて。
水炊き ポトフ しゃぶしゃぶに
おでん チーズフォンデュ 炊き込みごはん。
なんとなんと燻製もできちゃいます。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の「黒 平鍋」
たっぷりの容量で、お料理の幅が広がります。
油亀スタッフのおすすめは、蒸鶏の温野菜です。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より
八木橋昇の土鍋シリーズ「青白 キャセロール だるま」
「不思議の国のお鍋ですか?」
と尋ねられそうな。

八木橋昇のキャセロール。
直火で使えてお肉もホロホロに。

今夜はビーフシチューを作りたいぞっ! 
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の「黒茶リム鍋」
季節の野菜をたっぷり入れれば
芯からホクホクにあたためてくれる土鍋です。
パカっとあけると、楽しいお鍋の時間。
使い込むごとに増していく風合い。
テーブルの主役にぴったりです。
※アートスペース油亀では、八木橋昇作品のオーダーを賜ります。
web通販より、お気軽にお問い合わせください。
油亀のweb通販はこちらから!!
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より
八木橋昇の耐熱陶器「黒茶丸土鍋」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の耐熱陶器「片手鍋シリーズ」
油亀が特注した、特別作も揃っています☆
使い込むごとに風合いを重ねる。自分だけの道具に育っていきます。
自分だけの耐熱道具。
寒い冬だから、使うのが楽しくなります。
※アートスペース油亀では、八木橋昇作品のオーダーを賜ります。
web通販より、お気軽にお問い合わせください。
油亀のweb通販はこちらから!!
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の「ミルクパンシリーズ」
秋冬の食材をたっぷり煮込んで。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の耐熱陶器「楕円グラタン皿シリーズ」
どんな食材も受け止めてくれる
たっぷり容量のグラタン皿です。
きつね色にこんがりと。

木べらで取り分けたら
会話も弾む弾む。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より
八木橋昇の耐熱陶器
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の新作、黄化粧シリーズ「黄化粧掛け分け 玉縁8寸浅鉢」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の新作「黄化粧丸ポット」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の新作「黄化粧トクリ」「黄化粧ぐい」
冬に楽しむ夜の時間。
八木橋昇さんの新色「黄化粧」。
日本酒がふくらむように香ります。
熱燗でも悦に浸れるコンビです。

今夜は、油亀スタッフのお気に入り、炭屋彌兵衛(すみややへい)で乾杯☆
※アートスペース油亀では、八木橋昇作品のオーダーを賜ります。
web通販より、お気軽にお問い合わせください。
油亀のweb通販はこちらから!!
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の新作「黄化粧マグカップ」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の「ポットシリーズ」
世の中には、数々の急須やポットがありますが
手にして離せなくなるものに
いくつ出会えたでしょうか。

一滴も垂らさない。
ピタっと止まる水切れの良さ。
八木橋昇の姿勢が
そのまま形に出たような。

可愛さだけでない。
実用の美を追求した
八木橋昇昇の急須、ポット。
群を抜いています。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より
八木橋昇の種ポット、長ポット。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の新作「黄化粧掛け分け丸ポット」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の「青白ドリッパー」
ふわふわと夜に舞い降りる霜のような
淡い青と白のグラデーション。
同じ一杯のコーヒーなのに。
丁寧を味わえる道具です。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
「青白ドリッパー」の内側。
八木橋さんの手彫りの線。
ここから空気がすーっと入って
珈琲を美味しく抽出してくれます。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の蓋物「シュガーポットシリーズ」
何度も蓋を開け閉めしたくなる可愛さ!
側面には、味のある面取り。
テーブルのおともに☆
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の新作菓子皿「黄化粧 角皿」
秋の紅葉とお茶菓子。
八木橋昇さんの菓子皿にのせて。

前回の個展から
3年の歳月をかけて。
「黄化粧」という
新色の釉薬が完成しました。

こちらは新作の角皿。
お茶菓子を引き立てる
味わい深い一枚です。 ・
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の「赤土シリーズ」
夜の珈琲にぴったりです。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の「飯碗シリーズ」
手にした時の持ち味の良さ。
毎日使う道具だから。
心から使いたいと思うものを選ぼう。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の「すり鉢シリーズ」
すり鉢が大集合!
山芋、生姜、金ごま、レモン。
新鮮な食材をすりたてで!d
お料理の幅が広がります。

形が可愛いのに
みぞが深いから
すり味抜群!

そのまま鉢としても
テーブルに出せます。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇のスープ丸マグシリーズ「黒呉須化粧面取スープ丸マグ」
ぴょこんと とびでた 取手がかわいい。
黒呉須化粧 面取りのスープ丸マグ。
ポトフ、ポタージュ、パンプキンスープ。
お鍋の取り鉢にも重宝します。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の水差しシリーズ「黒呉須化粧水差し」
たっぷり容量の水差しは、テーブルを引き立てます。
お花を入れて、花器としても使えます。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の花入れ「炭化焼締大壺
本展だけの一品作。
八木橋昇は陶芸をはじめて今年で30年。
今回の個展では、八木橋昇の陶芸の流れを確認できる作品も発表しています。

こちらは信楽の大壺。
大きな穴窯で5日間。
朝も夜も薪を燃やし続け、
焼き上げたのち、
灯油の窯で酸素をぎゅーっと
抜きながら黒色を狙った大作です。

多摩美術大学で
油絵の研究を続けた八木橋昇。
一つの色を重ねて発色させることを
追求されました。

この大壺も一見シンプルな
黒色に見えますが、
実は様々な色が重なり合りあい、
深い深い奥行きが
浮かび上がりながらできています。

油亀の会場で、
ぜひ実物をご覧になってください☆
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の花入れシリーズ黒呉須化粧小口壺
本展だけの一品作。
黒呉須の深い青。
口元の白色がなんともかわいいな。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の花入れシリーズ「黄化粧 花入れ」
本展だけの一品作。
黄化粧の美しさに
お花も踊りだしそうです。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の花入れシリーズ「黒呉須化粧 一輪挿し」
本展だけの一品作。
八木橋昇さんの花入れたち。
季節をうつろう時々の
木の実や花を生けたくなる。

今回は手のひらサイズの
かわいい花器から
八木橋さんの超大作!!
信楽の焼締大壺まで。
たくさんの花入をお楽しみいただけます。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の花入れシリーズ 「黒呉須化粧小口壺
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
■■■ スペシャルイベント その1 ■■■ 
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」 「キャセロールパーティ」  初日の夜は、八木橋さんを迎えてオープニングパーティを開催!  八木橋さんの大人気アイテム、直火で使える耐熱陶器。  その特長を存分に活かした、油亀特製のあったか料理をご用意します。  八木橋家のレシピや制作秘話なども聞けるかも?  美味しい料理を囲んで、楽しいひと時をどうぞ。   開催日時  11月19日(土)19:30 → 21:00  参加費 1500円  ご予約不要
「キャセロールパーティ」
展覧会初日の夜は、八木橋さんを迎えてオープニングパーティを開催!  
八木橋さんの大人気アイテム、直火で使える耐熱陶器。  
その特長を存分に活かした、油亀特製のあったか料理をご用意します。  
八木橋家のレシピや制作秘話なども聞けるかも?  
美味しい料理を囲んで、楽しいひと時をどうぞ。  
開催日時  11月19日(土)19:30 → 21:00  参加費 1500円  ご予約不要 


アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より
■■■ スペシャルイベント その2 ■■■ 
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」 「カーフェ・ノクターン」  自家菜園の果物やこだわり素材を使った、身体にやさしいお菓子が人気。 八王子の omi(オミ)さんより。  秋の夜をイメージした、とびきり美味しい焼菓子が届きます。  自家製オレンジピールにぎっしりの胡麻が香ばしい、チョコがけビスコッティ。  サクサク生地にガナッシュをはさんだ、メレンゲチョコ。  特製ノクターンブレンド珈琲とご一緒に、優雅な時間を。 八木橋さんのうつわ作品でお楽しみください。   特製ノクターンブレンド珈琲+2種の焼菓子 700円    開催日  11月23日(水祝)26日(土)27日(日)の3日間 ご予約不要、各日先着20名
「カーフェ・ノクターン」  
自家菜園の果物やこだわり素材を使った、身体にやさしいお菓子が人気。
八王子の omi(オミ)さんより。  秋の夜をイメージした、とびきり美味しい焼菓子が届きます。  
自家製オレンジピールにぎっしりの胡麻が香ばしい、チョコがけビスコッティ。  
サクサク生地にガナッシュをはさんだ、メレンゲチョコ。  
特製ノクターンブレンド珈琲とご一緒に、優雅な時間を。
八木橋さんのうつわ作品でお楽しみください。  
開催日  11月23日(水祝)26日(土)27日(日)の3日間 ご予約不要、各日先着20名 
特製ノクターンブレンド珈琲+2種の焼菓子 700円   
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」

「カーフェ・ノクターン」  
自家菜園の果物やこだわり素材を使った、身体にやさしいお菓子が人気。
八王子の omi(オミ)さんより。  秋の夜をイメージした、とびきり美味しい焼菓子が届きます。  
自家製オレンジピールにぎっしりの胡麻が香ばしい、チョコがけビスコッティ。  
サクサク生地にガナッシュをはさんだ、メレンゲチョコ。  
特製ノクターンブレンド珈琲とご一緒に、優雅な時間を。
八木橋さんのうつわ作品でお楽しみください。  
開催日  11月23日(水祝)26日(土)27日(日)の3日間 ご予約不要、各日先着20名 
特製ノクターンブレンド珈琲+2種の焼菓子 700円   

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」

■■■ 作家プロフィール ■■■

八木橋昇(Yagihashi Noboru) 
滋賀県甲賀市在住  

1961年 栃木市生まれ  
1986年 多摩美術大学絵画科卒業
      栃木県小砂にて修業、土踏み、蹴轆轤を学ぶ 
1989年 滋賀県信楽にて修業 
1992年 信楽にて築窯 
2013年 アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「アフタヌーン
 -Afternoon-展・開催 
 
全国伝統的工芸品公募展 
日本商工会議所会頭賞 受賞 
日本伝統工芸近畿展 入選   
信楽陶芸展 入選 
 
2013年、アートスペース油亀にて個展「アフタヌーン -Afternoon-」を開催。 
静かに削られた土の線。奥から滲み出るかのような釉薬の重なり。
ポットの注ぎ口の先端に、うつわの佇むその角度にも。
溢れ出しながら伝わってくるあたたかさ。
生み出すということに一切の妥協もありません。
八木橋昇の3年分の結晶を、油亀でぜひご堪能ください。
アートスペース油亀 代表 柏戸喜貴
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
■■■ ひと彫りから生まれる旋律。 ■■■

ひと踏み、ひと踏み、土を練る。

ひと彫り、ひと彫り、線を連ねる。

青、赤、黄色と、言葉にならない、いくつもの色。

年月をかけて、洗練されていく技。

リズムと色彩をもつ時間からできているのが音楽だって。

ドビュッシーは言っていた。

だからこれは、土と炎が奏でる旋律。

八木橋昇がみつけた音楽。

今夜のメニューは、夜想曲にのせて。


■油亀スタッフが、八木橋昇さんの工房を訪問しました。

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

 

■news!!
■■■KSB瀬戸内海放送さんで放映していただきます。

11月25日(金)18:50より、KSB瀬戸内海放送さんの
KSBスーパーJチャンネルにて!

八木橋昇のうつわ展「ノクターン」をご紹介いただきます!!

陶芸をはじめて30周年。
滅多に目にすることのできない、
八木橋さんの創作の裏側もご覧いただける貴重なチャンスです☆

ぜひご覧ください!
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」 
会期 : 2016 年11月19日(土) → 12月4(日)の16日間 
open 11:00 → 19:00 入場無料  
展示替えのため、22日(火)29日(火)は休廊 
会場:アートスペース油亀 
住所:〒700-0812 岡山市北区出石町2丁目3-1 

お問い合わせ:086-201-8884
■■■ 作家在廊日 ■■■ 
11月19日(土)20日(日) 

油亀マップと周辺の駐車場のご案内です。

油亀のweb通販はこちらから!!

矢尾板克則「色絵ゆのみ」 矢尾板克則「陶板掛花」矢尾板克則「ノート」

矢尾板克則「色絵ゆのみ」矢尾板克則「ノート」矢尾板克則「象嵌マグカップ(大)」


油亀スタッフが全国を走り回り、見つけました。

陶芸家のうつわやアートグッズ、オリジナルグッズがもりだくさん!!  

■News!! 油亀のWeb通販にて「珈琲のための器web展」を開催中です。
アートスペース油亀企画展 「珈琲のための器展ーお酒はなくても、生きていける。ー」より

油亀のweb通販はこちらから!!

 

■油亀スタッフが綴る展覧会の舞台裏
  作品情報をリアルタイムにお届けします。

 

inserted by FC2 system