アートスペース油亀 展覧会情報
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」 
会期 : 2019 年5月25日(土) → 6月2(日)の9日間  open 11:00 → 19:00 入場無料 会期中は無休 作家在廊日 : 2019年5月25日(土)26日(日)
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」 
会期 : 2019 年525日(土) → 62(日)の9日間  open 11:00 → 19:00 入場無料
会期中は無休 
会場:アートスペース油亀 
住所:〒700-0812 岡山市北区出石町2丁目3-1 

お問い合わせ:086-201-8884
■■■ 作家在廊日 ■■■ 
2019年5月25日(土)26日(日)


会場:アートスペース油亀 
住所:〒700-0812 岡山市北区出石町2-3-1
お問い合わせ:086-201-8884

■展覧会 Web: http://www.aburakame.com 
■facebook: https://www.facebook.com/
■instageram: https://www.instagram.com/aburakame
■油亀のweb 通販: http://aburakame.ocnk.net/

油亀のweb通販はこちらから!!


■油亀スタッフが綴る展覧会の舞台裏

展覧会情報をリアルタイムにお届けします。

油亀のインスタグラムはこちら

 
展覧会の舞台裏!詳細・最新情報を随時更新中です!
 
 
 


■会場までの交通案内 
アートスペース油亀 交通案内
油亀マップと周辺の駐車場のご案内です。

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」  八木橋昇の土踏み 120kgの土を、全身を使ってブレンドしながら作り上げる八木橋昇。 土練機などの機械で練られた土には出せない味わいが生まれます。  「一度焼いてしまえば、もう元の土には戻らない。」と話す八木橋昇。 土踏みは、土と向かい合った自分の原点、初心に戻る作業でもあるのです。
八木橋昇の土踏み
120kgの土を、全身を使ってブレンドしながら作り上げる八木橋昇。
土練機などの機械で練られた土には出せない味わいが生まれます。
「一度焼いてしまえば、もう元の土には戻らない。」と話す八木橋昇。
土踏みは、土と向かい合った自分の原点、初心に戻る作業でもあるのです。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」
■■■ はじめに ■■■ 
2019年5月。

うららかな春を終えて、新緑がまばゆいこ季節の中。

滋賀県信楽町在住の人気陶芸家、八木橋昇(やぎはしのぼる)の個展「木洩れ日」を開催いたします。

滋賀県信楽の陶芸家、八木橋 昇(やぎはし のぼる)。

彼は多摩美術大学で油絵を専攻し、ひとつの色を発色させるのに何層もの下地を重ねることを学びました。

そして、油絵のように重ねて発色させるということが、陶芸の世界でも応用できるのではと気づき、うつわ作りに反映させています。

今では、日本の陶芸家を代表するひとりとして、その表現の追求を重ねています。



アートスペース油亀では彼の軌跡を3年ごとに追いつづけ、今回で三度目の個展を開催いたします。
(2013年「アフタヌーン -Afternoon-、2016年「ノクターン -Nocturne- 」

圧倒的な造形力に、ますます磨きをかけた「実用美」。それは、思わず触れたくなる美しさです。

美しいと称されるうつわは、日常使いにすることをためらってしまうもの。

そんな中、八木橋昇のうつわは「美」と「実用」を兼ね備えた珠玉の逸品といえるでしょう。



本展では、八木橋昇の最新作700点超が勢揃いいたします。

ティーポット、カップ&ソーサー、マグカップ、スープカップ、タンブラー、ビアマグ、ぐいのみ

お皿、鉢、シュガーポットやミルクピッチャー、豆皿、花器、水差し、

一年を通して大人気、耐熱陶器作品のキャセロール、ミルクパン、オーブン鉢などなど。

春から初夏へ。屋外でのピクニックが楽しいこの時期に使いたくなるようなアイテムをご紹介いたします。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」
■■■ 展覧会コンセプト ■■■ 

木々から射し込む光。

瞳を閉じてもなお、その温もりを感じる季節。

若葉が萌えれば、どこまでも透きとおる青空を、向こう側に見つけられる。

その情景を一言で表すなら「木洩れ日」だ。

タイトルにこの名を冠することができたならと。

三度目の個展を開催することが決まった時、願わずにはいられなかった。

柔らかな煌めきのなか寝ころんで、瞼をつむったときに感じる。

あの安らぎに似ていたから。

その人が生みだすうつわは。

あなたは誘われるだろう。

風そよぎ、小鳥たちの飛び立つ音がする。

木だちゆれれば、陽光の雨、こぼれおちる。

若草が芽吹く、麗らかな森の世界へと。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」
■■■ 八木橋昇作品のご紹介 ■■■ 
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の造形美。手に触れたときに伝わってくる、あたたかさ。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の一品作が勢揃い。うつわひとつひとつが纏う、一期一会の表情をお楽しみください。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
道具として。使うたびに嬉しくなれるうつわに出会えます。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の鉢作品。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇のドリッパー。陶器のドリッパーをしっかりと温めて。丁寧に淹れる至福の珈琲時間。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の青白7.5寸平鍋。煮込みも蒸し物もおまかせあれ。弱火でコトコト。厚いボディが素材の旨味をじっくり引き出す優れもの。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」   アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
写真左)八木橋昇の耐熱グラタン鉢。あつあつのグラタン。キツネ色の焦げ目がついたら、そのままテーブルへ!おしゃれな夕食のはじまりはじまり。
写真右)八木橋昇の耐熱グラタン皿。今夜はひとり晩ごはん。ミニ鍋か、湯豆腐か。直火OKの八木橋さんのうつわなら、簡単メニューでもきちんと料理に。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の土鍋シリーズ
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「ノクターン -Nocturne-」
八木橋昇の「黒 平鍋」
たっぷりの容量で、お料理の幅が広がります。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の土鍋シリーズ「青白 キャセロール だるま」
「不思議の国のお鍋ですか?」
と尋ねられそうな。

八木橋昇のキャセロール。
直火で使えてお肉もホロホロに。

今夜はビーフシチューを作りたいぞっ! 
油亀のweb通販はこちらから!!
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の耐熱陶器「片手鍋シリーズ」
油亀が特注した、特別作も揃っています☆
使い込むごとに風合いを重ねる。自分だけの道具に育っていきます。
自分だけの耐熱道具。
寒い冬だから、使うのが楽しくなります。
※アートスペース油亀では、八木橋昇作品のオーダーを賜ります。
web通販より、お気軽にお問い合わせください。
油亀のweb通販はこちらから!!
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の耐熱陶器「楕円グラタン皿シリーズ」
どんな食材も受け止めてくれる
たっぷり容量のグラタン皿です。
きつね色にこんがりと。

木べらで取り分けたら
会話も弾む弾む。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の耐熱陶器
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
油亀のweb通販はこちらから!!
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の「ポットシリーズ」
世の中には、数々の急須やポットがありますが
手にして離せなくなるものに
いくつ出会えたでしょうか。

一滴も垂らさない。
ピタっと止まる水切れの良さ。
八木橋昇の姿勢が
そのまま形に出たような。

可愛さだけでない。
実用の美を追求した
八木橋昇昇の急須、ポット。
群を抜いています。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の種ポット、長ポット。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の「青白ドリッパー」
ふわふわと夜に舞い降りる霜のような
淡い青と白のグラデーション。
同じ一杯のコーヒーなのに。
丁寧を味わえる道具です。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の蓋物「シュガーポットシリーズ」
何度も蓋を開け閉めしたくなる可愛さ!
側面には、味のある面取り。
テーブルのおともに☆
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」 より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の「飯碗シリーズ」
手にした時の持ち味の良さ。
毎日使う道具だから。
心から使いたいと思うものを選ぼう。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の「すり鉢シリーズ」
すり鉢が大集合!
山芋、生姜、金ごま、レモン。
新鮮な食材をすりたてで!d
お料理の幅が広がります。

形が可愛いのに
みぞが深いから
すり味抜群!

そのまま鉢としても
テーブルに出せます。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇のスープ丸マグシリーズ「黒呉須化粧面取スープ丸マグ」
ぴょこんと とびでた 取手がかわいい。
黒呉須化粧 面取りのスープ丸マグ。
ポトフ、ポタージュ、パンプキンスープ。
お鍋の取り鉢にも重宝します。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
八木橋昇の酒器シリーズ。静かに注がれた、ぐいに浮かぶお酒の姿は、抽象画を見ているようです。
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より

■■■ 作家プロフィール ■■■

八木橋昇(Yagihashi Noboru) 
滋賀県甲賀市在住  

1961年 栃木市生まれ  
1986年 多摩美術大学絵画科卒業
      栃木県小砂にて修業、土踏み、蹴轆轤を学ぶ 
1989年 滋賀県信楽にて修業 
1992年 信楽にて築窯 
2013年 アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「アフタヌーン
 -Afternoon-展・開催 
2019年 アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」個展 
 
全国伝統的工芸品公募展 
日本商工会議所会頭賞 受賞 
日本伝統工芸近畿展 入選   
信楽陶芸展 入選 
 
静かに削られた土の線。奥から滲み出るかのような釉薬の重なり。
ポットの注ぎ口の先端に、うつわの佇むその角度にも。
溢れ出しながら伝わってくるあたたかさ。
生み出すということに一切の妥協もありません。
八木橋昇の3年分の結晶を、油亀でぜひご堪能ください。
アートスペース油亀 代表 柏戸喜貴
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」より


■油亀スタッフが、八木橋昇さんの工房を訪問しました。

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

ひと蹴りずつ、八木橋昇の体のリズムで作り出されるうつわのカタチ。

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

ひと擦りずつ、絵画を描くように調合される八木橋昇の釉薬。

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「afternoon アフタヌーン」より

 

アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」
アートスペース油亀企画展 八木橋昇のうつわ展「木洩れ日」 
会期 : 2019 年525日(土) → 62(日)の9日間  open 11:00 → 19:00 入場無料
会期中は無休 
会場:アートスペース油亀 
住所:〒700-0812 岡山市北区出石町2丁目3-1 

お問い合わせ:086-201-8884
■■■ 作家在廊日 ■■■ 
2019年5月25日(土)26日(日)


会場:アートスペース油亀 
住所:〒700-0812 岡山市北区出石町2-3-1
お問い合わせ:086-201-8884

■展覧会 Web: http://www.aburakame.com 
■facebook: https://www.facebook.com/
■instageram: https://www.instagram.com/aburakame
■油亀のweb 通販: http://aburakame.ocnk.net/

油亀のweb通販はこちらから!!


■油亀スタッフが綴る展覧会の舞台裏

展覧会情報をリアルタイムにお届けします。

油亀のインスタグラムはこちら

 
展覧会の舞台裏!詳細・最新情報を随時更新中です!
 
 
 


■会場までの交通案内 
アートスペース油亀 交通案内
油亀マップと周辺の駐車場のご案内です。

inserted by FC2 system